2012年02月14日

きのこバッグと2月も半分

2月に入って
あれこれ書きたいことはあったのに
バタバタと過ぎていって もう半分。

まずはとっくに過ぎた節分。
いつもは 小袋入りの豆を買って
小さい袋のまま 鬼は外ってやるんやけど
今年は 近所のどこにも小袋入りが売ってへんくて
仕方なく 自分で小分け。

ラップに10粒ずつ入れて
マステでくるん。

20120210.JPG

なんで小分けするかというと
掃除が面倒やから。
家具の下に入っても嫌やし
外の豆も鳥が来て嫌やし。
家も汚れず 鳥も来ず
おまけに 拾った豆も全部おいしくいただきます。


さて
手づくりの方はというと
クチュリエをやったり 息子のおじゃみを作ったり。

クチュリエは進んでないけど
息子リクエストのおじゃみは
四合わせの座布団型で6個。
今 学校で昔遊びの授業があって
楽しかったから 家でも遊びたいとのこと。
ちょうどペレットが出てきたからペレットにしたけど
重さは小豆の方が良かったなぁ。

写真は撮ってません・・・。


あと ちょっとがんばった手づくりはバッグ。
材料はこんなん。

20120212.JPG

先月のユザワヤ閉店セールで
たっぷり買い込んだカットクロスに
カラフルな むら染めの布が入ってて
なかなか使い道が思いつかへんかったから
バッグにして消費してみました。


出来上がりはこれ。

20120211.JPG

不規則なしましまに縫い合わせて
でっかいきのこをアップリケ。
何種類かの布でパッチワーク。


反対側はこれ。

20120213.JPG

こっちは小さいきのこ3つ。
パッチとレースとボタンのきのこ。

輪っかは金属で ちょっと重さのあるもの。
ベビースリングを作った時のあまり。

普段家の中とか 近所への買い物に
同じ大きさのトートを持ち歩いてるんやけど
口が開くのがちょっと嫌で
かといって マグネットのとめるヤツとか持ってないし
輪っかの重さで口を閉じるようにしてみた。。

横面はこんな。

20120214.JPG

左右対称じゃなく
同じ裁断で同じつなぎ方をしたから
サイドは色のズレがあるけど
全体的にド派手やから とくに目立たず。

マチは いつもは普通に角を切り落として作るけど
今回は なんていうんやろ
中表であわせた布の底部分を「W」の形に折って
そのままサイドを縫って
表に返したら マチが三角に折りあがってる・・・
っていうタイプを採用。

薄い生地やから
厚手の接着芯を貼って
それでもちょっと 心もとない感じはあるけど
派手好きなじえは 毎日うきうきで
持ち歩いてます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
posted by じえ at 21:57| 小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

キルト&持ち手の本・バーゲンブック

定期的に いくつかのサイトで
バーゲンブックをチェック!
が やめられないじえです。

バーゲンブックって
当たりの本にはなかなか出会えないんやけど
安さに負けて ついつい注文しちゃう。
んで ぱらぱらーっと見て終わり
ってことが 非常に多い。
そんなこと 嫌というほど分かってるのに また買う・・・。

でも 今回買ったバーゲンブックはちょっと 
久々にど真ん中な本でした。

買ったのは2冊。
しかも 2冊とも 私的には大当たり。

1冊目はこれ。


アップリケの参考図書が欲しいと思ったところに
この本の表紙を見て 即決した本。

先日 家族のコースターを作ってて
あんまり好きじゃなかったアップリケを試してみたら
思ってた以上に アップリケが楽しかったのん。

奥たてまつりっていうのかな? が
自分でもびっくりなくらい 面白くて
もっと いろんなアップリケをしてみたくなって。

でも 私はちょっと 
デザインの好みが キルト向きではないというか
どうしても キルト本に載ってるデザインを
かわいいとは思えないことが多くて。

やから この本も表紙作品以外は
全然期待してなかったんやけど
開いてビックリ。あれこれ作りたくなるくらい。

なんていうのかな。
もっさりしてないというか
やぼったくないというか。
配色も好みの感じやったし。

モチーフはキッチン雑貨とか
お花とか よくあるものも載ってたけど
私が気に入ったのは
レース編みのドイリー風なデザインとか
香水瓶とか王冠とか表紙の大きなリボンとか。
あと 刺しゅうをうまく使って
アップリケを引き立てたり 補助したり。

作品は ティーコゼー エッグホルダー
ランチョンマット などのキッチンもの
バッグ ポーチ クッションカバー 
ソーイングボックス などなど。

たぶん バーゲンブックじゃなく
定価やったとしても
書店で中を見たら 買ってたと思う。



もう一冊はこれ。



この本は意見が分かれるところ。

よく 自分でバッグを作られる人とか
手づくりバッグの本をたくさん持ってる人には
それほど目新しいことは載っていないのかも。。

でも 私は
バッグなんて 子どもの手提げとか
エコバッグ程度しか作らへんし
何か作るとしても 適当になんとかなるし
バッグの本なんて持ってない。

だから 特別必要でもないけど
バーゲンブックで安いから 揃えとこう
位の気持ちで買ったけど
中を読んで ちょっと目からうろこ。

バッグの持ち手っていっても
色々あるんやね〜〜〜。

この本では 
大まかに10種類にバッグを分類してて
それぞれのバッグで10個ずつくらい持ち手が
紹介されてて 全部で100種類。

持ち手の作り方は全部カラーで
手順を載せてくれてて
持ち手の本やけど バッグの作り方も巻末にあります。

バッグ関連の本をあんまり持ってないなら
1冊持ってて損はなし。

定価で買うかと言われたら・・・
んー。
即決は出来ずに 何度も悩んで
でも 気になって いずれ買っちゃう。って感じかな。





別の書店でも バーゲンブックを3冊注文中。
それも 好みの本であることを願って。。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


ラベル:持ち手 バッグ
posted by じえ at 12:25| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クチュリエ おまもり袋<1>・つづき

失敗した〜〜〜!


えっと
キットについてた
クロスステッチ用の布を使うのが嫌で
抜きキャンバスを使って
直接土台布に刺しゅうしようって決めて
そしたら 土台の色と刺しゅうの色がかぶってて
じゃあ 違う色にしちゃおう。

という流れで進めてたんやけど
最後の 刺しゅうの色を考える時に
単独で 何色にしようかな・・・
渋めで黒を使おう とか考えて
せっせと抜きキャンバスに刺してたんやけど。

よく考えたら 土台布の色とか
おまもり袋の紐の色とか 鈴の色とか
全然考えてなくて
ただただ 土台の色だけは使わないように
って考えてただけやったから
いざ 抜いてみたら 色がてんでちぐはぐやった。。

20120116.JPG

刺しゅうする場所も微妙に上にずれてて
だめだめです。

でも うれしかったことも1つ。

はじめて抜きキャンバスを使ってみたけど
普通に専用の布に刺しゅうするより
抜きキャンバスの分 糸が浮くというか
ワッペンを貼り付けたみたいに
ぽこっと刺しゅうが浮き出てて
ちょっと かわいい。

苦手なクロスステッチやったけど
この仕上がりなら
ちょこちょこ やってみようって思えました。



おまもり袋なら必ずと言っていいほど
使われてる 飾り紐は
説明書どおりにやれば それほど難しい手順じゃないけど
崩さないように 紐を通したりするのは
ちょっと 大変。

でも 出来上がってみれば
おお これぞお守り!って感じがして
大満足。

2月分も注文してこの前届いたから
早速 そっちもやってみよう。。

2月分は
おまもり袋とファスナー付けを継続して
こぎん刺しをリストラした分
海外の古切手を注文しました。

これも またしても
一番いらないのが 一番最初に届きました。
ありがとう。
こちらは 予約コレクションやから
途中でリストラできひん分。
特に何に使うか決めてへんけど
なんとなく 気分で注文してしまった。

フェリシモは 色々注文したくなるけど
注文してから届くまで期間があるから
届いた頃には 興奮も冷めてて・・・
というのもよくある話。。

さて 切手は何に使おうかな。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
posted by じえ at 09:00| フェリシモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

クチュリエ1月分 おまもり袋<1>

フェリシモ クチュリエ 1月分の3つ目

思いをこめてクロスステッチ
縁起ものおまもり袋の会

<1>かめ 長寿

20120124.JPG


前の記事 こぎん刺し のところでも書いたけど
私はクロスステッチが苦手。

せっかちで おっちょこちょいな私は
クロスステッチをすると
丁寧に数えて 何度も確認してるつもりなのに
必ず刺し間違って いっぱいほどくことになる。

色んな手芸の中でも
クロスステッチはかなり早い頃に出会ってる。
一番最初はたぶん かぎ針編み。
その次くらいに クロスステッチ。
小学校の3〜4年くらいだったから
かれこれ・・・・すごい年数が経ってる。。

その間 何度も何度も挑戦して
なんとかクッションカバーくらいまでは
完成させたことがあるけど
続けて 2作目を作ろうなんて
そんな気になったことは一度もなく。

それでも 作家さんの作品を見ると
すっごい素敵で 懲りずに自分でも刺したくなって
キットを買ったりしては途中で放棄して
キット用の刺しゅう糸で糸の在庫が充実してくる始末。



さて 今回のクチュリエは
クロスステッチで縁起ものを刺した
おまもり袋。

クロスステッチは苦手やけど
縁起ものの図案は欲しいし
おまもり袋も作ってみたい。

苦手でも 小さい図案ならがんばれるかも?

それで早速注文。


でもね。
なんか1月分は文句ばっかりやねんけど・・・。

お守りの布に直接刺しゅうするんじゃなくて
クロスステッチ用の白い布に刺して
土台布と縫い合わせる形式。

その とってつけたみたいな
刺しゅう部分がどうしても気に入らなくって・・・。

んで 家をあさってみたら
クロスステッチは苦手やのに
抜きキャンバスが見つかった!!

抜きキャンバスを使って
土台布に直接刺しゅうすることにして・・・
準備を始めてみたら
クロスステッチ布を縫い合わせる分
土台布が足りないことが発覚。

うーん。
家にある布で作ってもいいけど。
でも キットの布をあまらせても
小さくて他に使い道も少ないし。
ってぐるぐる考えてたら

!!!

抜きキャンバスの方が目が詰まってて
刺しゅうが小さくなることがわかったから
一回り小さいお守りにして
そのままキットの土台布を使うことに。

うんうん。順調。
とおもって 抜きキャンバスを縫い付けて
いざ刺しゅう!
とおもったら またストップ。

今度は糸の色。
土台布と亀の足の色がほとんど同じ。
せっかく刺しゅうしても
亀が目立たない。

元は 白い布に刺しゅうするから
同じ色でもOKやったんやろうけど
土台に刺すなら これは色を変えないと・・・。

ということで
渋く黒い亀を刺すことにして
まだ途中。

20120125.JPG

写真の刺しゅう枠は 8cm。
このくらいのサイズなら
最後までがんばれるハズ。





抜きキャンバス。
たっぷり使うのは勿体無いとか思って
結構ぎりぎりに切ってしまって
何も考えず ぎりぎりをしつけしたら
さすがっ。
抜けるだけあって 簡単にほどけちゃう。
刺しゅうする前に 抜けてきてびっくり。

勿体無いなんて言わんと
大きめに切って使わないとって
ひとつお勉強になりました。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
posted by じえ at 09:00| フェリシモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

クチュリエ1月分 ファスナー<6>

クチュリエ1月分の2つ目は
みんなのお悩み解消!
ポーチのファスナー付け
「きほんのき」レッスンの会
<6>角を曲がってぐるっと付ける方法

20120122.JPG

中をみた瞬間テンションが下がってしまった。
クチュリエあるあるというか
一番いらないのが 一番最初に届くという・・・。

どぉぉぉぉぅしても 
この 黄緑のチェックが好きになれへんくて
結局 セットに入ってたチェックは内布につかって
外側は手持ちの布をつかうことに・・・。

でも 黄緑のファスナーに合う布なんて・・・。
緑系統の布は手持ちが少ないからなぁ。

で 見つけたのは
先日 ユザワヤの閉店(移転)セールで
ごっそり買い占めた カットクロスの中にあった
ハワイアンな黄緑の布。

20120121.JPG

さて 作業内容の感想は・・・。
うーん。って感じ。

そもそも この会をとることにしたのは
今までファスナー付けって 
みようみまねで我流やったことと
ここ最近 布小物を作る機会が多いから
ファスナーの出番も多くて
ちゃんとしたやり方を知りたいなっていう気持ちがあって。

作ってみて 角の部分とか ファスナー端の処理とか
そいういうのはわかった。うん。
でも ファスナーの合わせ方がなぁぁ。

ファスナーの上止め 下止めを
布のどのあたりに付けるのが良いとか
こういう風に長さをはかって 
ファスナーに印をつけるとか
合印を自分で付けるところからやりたかったな。

型紙に合印が合って
ファスナーの何センチ何ミリの場所に印つけて・・・
っていうのは この型紙でなら作れても
違う大きさのポーチになると応用できひんもんね。
まあ そのくらいは自分で考えろってことなんかな。

ふと 思い出したのは 車の免許を取ったときのこと。
駐車のとき 教官が
「車のこのあたりに あのポールが見えたら
 ハンドルを このくらいきって・・・
 このミラーに これが見えたらこうして・・・」
っていう教え方をしてたこと。

「そんなん 家帰ったらポールないしっ!」
「ミラーの高さも 見える景色もぜんぜんちゃうしっ!」
って突っ込みたかったのを今でも覚えてる。

今回のファスナー付けも
今回のポーチ専用の決め打ちな印付けやからね。
大きさとファスナーが変わったら
出来るんかいね???という疑問を持ちつつ
でも 完成品には大満足。
大きさもちょうど良いしね。

とりあえず 大きさは変えずに
同じ型紙で もう一度作って
今度は 内側に ポケットとかつけたいな。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
posted by じえ at 09:00| フェリシモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

クチュリエ1月分 こぎん刺し<3>

12月からちまちま
ほんとにちまちま作ってたクチュリエ3つ。

その中の1つめ。

こぎん刺し くるみボタンストラップの会
<3>糸目入りふくべ
20120123.JPG

日本の手仕事は結構好き。
ちりめん細工も良く作ってたし
加賀ゆびぬきとか 刺し子とか。

でも クロスステッチが嫌いな私に
目を数えるこぎん刺しはどうやろう???

んで 無難にクチュリエでお試し。

20120120.JPG

ぱぱっと完成!
こぎん刺しの感想は
「私には向いてへん」でした。。
やっぱり 
目数を数えるクロスステッチが嫌いやと
こぎん刺しも大して差がないというか。

クロスしない分 刺すのは楽やけど
糸のよれが目立つから よれを直しながら刺すと
クロスステッチよりも手間。
これ 苦手。

刺しゅうの時みたいに
糸よれ防止で 糸を割りながら刺してみても
糸が違うからか あんまりきれいにならんくて
小さいくせに 結構時間掛かったなぁ。
ストラップでよかった。
がま口とかやと 途中で放棄してたかも。

模様とか 質感とか かなり好きやのに
作るのは合わへんみたい。残念。

というわけで さっそくリストラ。
2月分からは注文ストップ。です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
posted by じえ at 10:13| フェリシモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

スタンプワークの本

去年スタンプワークに興味をもって
2冊の本を買いました。

1冊はタイトルもスタンプワークの本。
もう1冊は スタンプワークとはかいてないけど
スタンプワークのステッチを使った作品の本。


楽天


amazon


以前アップした マカロンケースのりんごが
載っている本です。

(以前の記事はこちら マカロンケース・りんご1

これは スタンプワークという言葉を知って
すぐに書店に行ったら
コレしか置いてなくて とりあえず買ったもの。

とにかく スタンプワークの手法を知りたかったん。

手芸の中で 私が一番得意とするのはかぎ針編み。
作ったものも 本も 道具・材料も 経歴も
何をとっても一番。かれこれウン十年(笑)になるからね。

そんな私にとっては
正直 スタンプワークで立体化するより
刺しゅう糸をかぎ針で編んで作った方が早い・・・。

っていう気がして 一瞬買うのをためらったけど、
布に立体を刺せる というのは やっぱり魅力的。

買ってみて 読んでみて 刺してみて
うーん。
・・・

なんていうか わかるような わからないような?

というのも
写真つきで手順は載ってるけど
まるっきりの初心者やと ちょっと不十分。
目の増減とか説明が足りない気がするし
最初にすくう目と後ですくう横の目の
目数とか配分とかも書いてる通りにはできるけど
他の図案ではどうしたらいいのか?とか。

まったくできないわけでもなく
消化不良な感じはしなくもないけど
載っている図案はとってもかわいくて
しかも そんなに複雑なものはないから
少し練習すれば 
本に載ってる図案はクリアできそう。

その点では 初心者でもOK。
買って後悔はなし。


 
もう一冊は

楽天


amazon



この本は もう レベルが高すぎて・・・。
1つもまだ作ってないという・・・。
ただね 私 フラミンゴがめっちゃスキで
この本は フラミンゴのブローチが
写真つきで手順が載ってたんよねぇ。

スタンプワークが上手になったら
ぜひ このフラミンゴを作ってみたいな
という気持ちだけで購入。
それに ブローチ好きやしね。

手芸の本で こういうちょっと特殊な手法の本って
あっという間に手に入れられなくなることが多いから
目に付いた時に買う。これが私の基本。


このフラミンゴを作れるようになるためにも
もうすこし くわしいスタンプワークの本がほしくて
大塚さんなら・・・と期待して
今年に入って買った本

楽天


amazon



私が刺しゅうを好きになったきっかけは
大塚あや子さん。

刺しゅう糸の扱いとか
ちょこちょこ色替えするとことか 糸のよれとか
イライラ人間の私にはとても好きになれない!
と思ってた刺しゅう。

刺しゅうのイメージも きれいなお花とか
女の子らしい図案とか おりこうな感じで
私の好みとは全く合わないって思い込んでた。

それが 手芸店で 大塚あや子さんの

を見て
こんなに自由に刺しゅうしてもいいんや!
って教えてもらってから
ステッチも毎回購入するようになって
あっという間に刺しゅう好き人間になっちゃいました。

だから 大塚さんのスタンプワーク本ならば
と 先の2冊よりも詳しい説明を期待して
早速購入。



・・・・・

ステッチについては詳しく手法が載ってるけど
やっぱり 大御所の刺しゅう本は難しいね。。。
載ってる図案というか作品は
とうてい手が出せるものじゃなかった・・・。

でも スタンプワークを勉強するならば
手に入れておくべき本だと思うから
後悔はなし。


はぁぁぁ。

本が不十分なんじゃなくて
私の理解力が足りへんのやろうなぁ。

でも 今年は スタンプワークもがんばろう!

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村



posted by じえ at 09:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

年明けまとめ。

あっという間に
半月も過ぎてしまってる・・・。

毎年 年末年始は
夫の実家に帰って
自分の実家に帰って
手作りの時間は全くとれず。

その前後といえば
じおが冬休みで自宅に居て 
やっぱり 時間があんまりとれず。

普段やったら
じおは 外遊びでずっといてないんやけど
この冬休みは
いつも遊んでる近所の幼馴染みが居てなくて
毎日毎日 家遊び。

別に じおが居ても手作りする時間くらい
なんとでもなるんやけど
なんて言うか 同じ空間に
がさがさした存在があると
やる気にならへんっていうか・・・。


そんな中でも ちょこっとだけ作ったものの記録。

20120108.JPG

捨てられずに ビンに詰めてたまり続けてる
5cm以下のハギレをつなぎ合わせて
ありがちやけど コースター。


20120107.JPG

うら。
大きい柄が切れてて使えずやったハギレ。
10年以上前に作ったワンピースの切れ端やから
いい加減 使ってあげたかった。



20120109.JPG

金糸の刺しゅうやから
写真では何が何かわからへんくなったから
刺しゅう図案の本体を一緒に撮影。

このカバ
エジプト展とかそういうので買った
たぶん 何かの神様の化身とかなんとか・・・。
よく覚えてへん。
私は 子宝のお守りとして持ってたし。
 
子どもが出来にくいって宣告されて
でも 不妊やって自分で認めるのが嫌で
治療には通わず 体質改善をしてた頃に
持ち歩くようになったもの。

そのあとすぐ 妊娠。
治療に通わないとムリって言われてたのに。
引越しもしたから 環境が変わっての妊娠やとおもうけど
タイミングが良すぎたから
カバのご利益かなって思ってしまって
それ以来 感謝の気持ちでずっと持ち続けてるカバ。
今は こどもが欲しいわけではないねんけど。。

いつか 刺しゅうにしてみたくて
ようやく刺してみたら
金が目に痛くて 心折れそうやった。



20120110.JPG

ミニ野菜果物ピンシリーズで作りたいとおもってるもの。
1人目は なすび。
2cm前後で揃えたいなっておもってる。
にんじんとか バナナとか
図案は考えてるけど なかなか進まない。
ちいさいくせに。



20120112.JPG

ブローチ。
息子じおの通学用手提げの持ち手テープのあまりに
皮の欠片を切りっぱなしそのままの形で重ねて
100均のボタンをくっつけただけ。

とにかく 性格が大雑把で
本の通りの材料 本の通りの作り方
そういうのを きちっとするのが苦手。
切れ端とかをあさって 適当にくっつけて
さくっと完成させて
小さい達成感を味わうのがスキ。
センスが悪くとも 自分が良ければそれでヨシ!


そういう 出来損ないは他にも

20120111.JPG

布のミミを並べて縫い付けただけとか。


20120113.JPG

クズ瓶から適当に拾ったものをくっつけただけとか。


20120114.JPG

中途半端な長さで残った
リボンとか紐を並べただけとか。


んで 適当に作りすぎて
付ける場所もみつからへんから(笑)
家の中で持ち歩いてるミニトートに
ひたすらくっつけて行くという・・・。


20120115.JPG

でも 売りたいわけでも
人に自慢したいわけでもなく
何を作るか考えたり
作る過程が楽しかったり
出来上がってうれしかったり
そういうのを楽しんでるだけやし
これはこれで 満足。。。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


posted by じえ at 08:30| 小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

ヘアピン3と、クリスマスと、大掃除

20111205.JPG


もう少し、地味なヘアピンが欲しくなって、
でも、地味すぎるのも嫌で、
結局出来上がったのがこれ。


黒のフエルトにピンクのラメ糸で刺しゅうして、
ところどころにビーズを入れただけ。

大きさも、前の2つよりは小さめで、
使いやすいかな。







毎年毎年、大掃除をしようとすると
なんだかんだと逃げる夫。
でも、今年は、見事に捕獲成功。。

うれしいことに2日も拘束することが出来て、
前から気になってたけど、一人じゃちょっと、、、
という場所を全部やっつける事ができました。

息子も1年生になったら、結構役立つようになってて、
廊下と階段の拭き掃除と、シュレッダー係と、
玄関と駐車場の掃き掃除を担当してくれて、大助かり。

ん〜、気持ちいい。。

大掃除の前に、テレビが壊れて買い替えたんやけど、
テレビ周りにふざけんなってほど置いている、
スピーカーとかオーディオのなんたらとか、
そういうのも、前もって全部掃除できてたのも良かった。。

で、スッキリしてきたら、
こまごましたものが気になったのか、
いつも以上に夫が断捨離してくれて、
最終的に収納棚まで買ってくれて、
ほんとに、スッキリした。いい年が迎えられそう。



掃いて、拭いて、掃除機して、
はずして、のぼって、運んで、下ろして、
整理して、入れ替えて、磨いて、捨てて・・・

クリスマスの3連休。
朝から晩まで掃除で動き続けて、
手づくりも出来ないし、手芸本も見れないし、
ストレスは積もりまくり。

今日はゆっくり手づくりするぞ、
っておもってたのに、
ほこりのせいで扁桃腺がはれて、耳まで痛くて、
あちこち筋肉痛だし、
お昼から、爆睡しちゃって、何も出来ひんかった。


さて、昼寝して少し楽になったから、
これから何をしようかな。

ルームシューズがへたってきたから、
久しぶりに棒編みでもしようか・・・。

こういう、考えてる時間も、楽しい。







にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

posted by じえ at 22:10| 小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

マカロンに使った刺しゅう

マカロンケースの作り方の記事で
外布に使った刺しゅうについて。

20111241.JPG

20111242.JPG

参考にした図案は、


残念ながら、楽天ブックスは売り切れです。



アマゾンでも、古本です。


私は、韓国の色使いが大好き。
濃い色で、くっきりはっきり、
派手な色もバンバン使って、
落ち込むスキを与えないような、元気な色使い。
豪華というか、派手というか、おめでたいというか、
金糸もふんだんに使ってるところもスキ。

韓国ドラマを見ていると、
「そんな布団カバーほしい!」と思うこともしばしば。
そんな派手では、目がさえて寝られないんじゃ?
とおもうほどの艶やかさ。

大好きです。

私が住む大阪には、
韓国のお店が立ち並ぶ駅があります。
そこで以前、蝶のきれいな刺しゅうストラップを買って、
大切にしていた思い出があります。

だから、この本を見つけたときは、飛びつきました。

この本だけなのか、
韓国刺繍全般で言えることなのか、
結構、雑にざくざく刺してたり・・・そう見えるだけで、
本当は丁寧なのかもしれないけど・・・。

でも、そういうのを見ると、
私も気が楽になって、力まずに刺せる。

見本があまりにも上手やと、
自分の下手さに途中でめげてしまうから。。

もうひとつこの本の気に入ってるところは、
吉祥文様が説明つきで、たくさん載っているところ。

たとえば、今回マカロンに使った「桃」。
これは長寿のシンボルなんやって。
その由来も載ってる。

図案を参考にするだけじゃなく、
絵柄の持つ意味で図案を選ぶって言う時に、
重宝してる。


韓国の文様だけに限らず、
ラッキーシンボル的なものがスキやから、
もうひとつ、この本も役に立ってるかな。



あいにくこれも、売り切れやけど。



アマゾンもね。。


こっちの本は、
世界の幸せのシンボルが集められていて、
1つのシンボルについて、
図案は1つずつしか載っていないけど、
その代わり、
シンボルの種類は80種類くらいあって、
「へぇ、この動物にはこんな意味があるのか」
とか、刺しゅうとは関係なく、
シンボル図鑑として読んでます。




どちらの本も今では手に入りにくい様子。
韓国刺繍なら、古本だとまだネットで買えそう?
幸せモチーフの方は、
この前、近所の大手スーパーの
バーゲンブックワゴンに入ってたのを見ました。

購入は難しくても、
図書館にはあるとおもうので、
お守り袋とかプレゼントなんかの絵柄に
意味を持たせたい時にでも、参考にしてみてください。



にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村


posted by じえ at 12:46| 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。